【CoDMON(コドモン)】保育業務のICTシステム

備品・サービス

2019年12月1日

保育業界ICTシステムで導入実績No.1のコドモン。すべての先生に、子どもと向き合う時間と心のゆとりを提案する保育/教育施設向けICT支援ツールです。ここではコドモンの導入金額とよく使用される機能について説明します。

CoDMON(コドモン)とは

2015年の展開開始から約4年で、3,950を超える施設で導入されています。何よりシンプルな操作画面で若手・年配問わず、PCの苦手な先生でも、直感的に全員が簡単に使いこなせるICTシステムです。先生の事務業務をICTで省力化し、毎日の業務が大幅に効率化するので、先生の働き方改革と、保育・教育の質向上が叶います。

CoDMON(コドモン)の主な機能

ここではコドモンで出来ることを紹介いたします。

登降園管理

ICカードとタブレット端末を使ったシンプルな入退室管理で、 子どもの入室・退室時間を正確に記録でき、 出席簿の自動生成やEXCEL形式でのエクスポートなども簡単です。また、保護者へのリアルタイム通知や延長保育料の自動計算が行えるなど、施設事業者様のニーズに応えています。

保護者との連絡

毎日の欠席受付や緊急連絡が確実にアプリで一本化しています。日常のお便りや連絡帳、写真の公開などをペーパレス化し、アプリ経由で保護者に情報を配信することができます。施設・先生・保護者間の円滑なコミュニケーションをサポートします。緊急時の保護者連絡にも対応しており、テンプレート文面を使ったシンプルな操作で迅速に行うことができる他、保護者から施設への連絡にも対応しており、連絡帳の提出をはじめ、出欠席の連絡や延長保育の申請を受けられます。重要な連絡を確実に保護者に伝えたい場合役に立ちます。

書類業務をスマートに

指導計画や、日誌などの記録物、自治体提出書類などをペーパレス管理することができます。入力効率を高められる他、書類の品質は維持しつつも、入力時間を大幅に短縮できます。

シフト管理や請求業務

毎月の保育料や延長/一時保育料をはじめ、教材や制服、用品費、送迎費、課外授業の請求など、保護者向けの請求をまとめて管理し行うことができます。収納代行機能を使うことで、口座振替手続きや毎月の請求書発行作業が大幅に軽減します。

CoDMON(コドモン)導入相談

CoDMON(コドモン)が選ばれる理由

保育現場の混乱と残業が大幅に削減

日誌連絡帳、指導案作成の効率化や、請求業務の自動化など、これまで園で負担になりがちな業務を徹底的にサポートします。保護者や職員間のコミュニケーションも円滑になります。

万全のサポート体制

豊富なマニュアル提供の他、お悩みの際はお電話で、スタッフが親切丁寧にお応えします。ご利用者が多いからこそ、使い勝手や不具合などに対し多くのフィードバックを得ることができ、そこから日々機能改善がスピーディに行われます。施設に運用に合ったカスタマイズ対応も行えます。

運営実績の多いシステム

多くの施設による日常的な利用が実証されているため、根本的なシステム不具合や安定性は一定以上保証されているので、将来に渡って安心してご活用いただける可能性が必然的に高くなります。また、多くのお客様に支持されているシステムは過去の事例も多く、リスクを未然に把握しながらスムーズに導入ができます。コドモンは毎月100以上のシステム改善を行うなど、サービス価値を日々高めています。初めてICTを導入する際は、運営実績があるシステムを選んだ方がいいでしょう。
 

CoDMON(コドモン)の利用料金

リーズナブルに利用でき、機能はしっかり充実しているため、多くの保育施設で利用されているのがコドモンです。必要な機能だけを施設側で選択して始められるので、無駄なく効率的。施設の方針や先生のITスキルを鑑みて導入できます。使いこなす程に機能拡張し、より便利にお使いいただくこともできます。

  • 初期費用:無料
  • 基本使用料:月額5,000円~

オプション機能のお申し込み内容によって、月額の費用は変動します。 

CoDMON(コドモン)導入でポイントキャンペーン

保育のカタログからコドモンを導入すると保育のカタログで使用できるポイント10,000円分を付与するキャンペーンを行っております。
この機会にICTシステムの導入をご検討ください。

CoDMON(コドモン)導入相談

まとめ

保育所運営でICTシステムを検討するなら保育所で導入率no.1のコドモンを検討してみましょう。多くの保育園が利用していることもあり機能も充実しておりサポート体制もしっかりしています。